puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies

東京都稲城市 S様

今回はトステムの住宅サッシの新色になる
ナチュラルシルバーの網戸を15本取付け
になります。

このサッシは一般的なものに比べて高さが2m20cmもあるハイサッシになります。

縦滑り出し窓です。

このたびは、誠にありがとうございました。

面格子につづく・・・


東京都府中市 Y様

前回のご近所に建った新築一戸建ての網戸一棟分の工事です。

掃出しタイプは1F2本、2F2本と比較的一般的な
本数の網戸です。

腰窓タイプは1F4本、2F4本、計8本取付けました。

横滑り出しタイプは全部で3本ありましたが
お客様のご希望で階段部分は必要ない
ということで、2本取付けました。

このたびは、誠にありがとうございました。


東京都府中市 E様

新築一戸建ての網戸一棟分の工事です。

トステムの縦滑り窓の網戸は新しくなり、スライド式のマグネットタイプで
閉会も簡単で高級な網戸です。

横滑り窓も縦滑りと仕様が統一され、スライド式のマグネットタイプ
になりました。

トステムのサッシにはトステムの網戸というように
純正品はスッキリ納まり、機能性もいいですね。

このたびは、誠にありがとうございました。


網戸閉めてるのに蚊が!

みなさんのお家でも、一度は疑問に思ったことは有りませんか?
「私の家ではそんな事ないわよ~」
そんな方は知ってか知らずか、窓の正しい開け方を実践しています。
「私も疑問に思ってたの~」
そんな方は好感が持てます。

ここでは、正しい窓の開け方についてお話したいと思います。

まず、お近くのサッシを見て下さい。
網戸は右・左どちらにありますか?
左にある方。貴方はまちがっています。それでは網戸をしていても虫は入ります。

それでは窓をいつもと同じように開けてみて下さい。
左を開けた方は網戸が左にある方ですね。全開にしました?それもいつかは虫が入って来ます。
半分窓を開けた方。貴方は網戸をしていないのと同じです。

正しくは、右に網戸が有り、右のサッシを開けるのが正解です。

この時、半分でも全開でも虫は入って来ません。

これは何故かお解りですか?

お解りでない方に説明いたします。

まず、網戸を見て下さい。恐らく左右の枠(網の外)にブラシの様な物が付いているでしょう。(物によっては無いかも知れません)

左に兄度をして左のサッシを開けてみましょう
通常はこの様に窓を開けてしまうのでは無いでしょうか?右のサッシには鍵が有り、何となく左を開けたくなりますよね~。
網戸と窓は先ほどのブラシとサッシの窓枠で隙間が有りませんね。(ブラシの無い網戸も同様に隙間は僅かだと思います。)この状態なら、虫は進入不可能です。

次に同じ方向で窓を半分開けてみて下さい。
どうですか?ガラスと網戸の間に隙間が空きますね。サッシの枠よりガラスの方が凹んでいるので、サッシの枠とガラスの間に隙間が出来ます。
これでは網戸の意味がまるで有りません。半分開けた窓からは、たとえ網戸が有っても、ここから虫が進入してきます。

それでは、先ほどのように左に網戸。左の窓を全開にしてみましょう。
これなら虫の入る隙間は無いのですが、サッシの外側に注目して下さい。
窓を締めてみると、今まで外に面していたサッシが網戸の内側になるのが解ります。
こ れではガラスに付いていた虫を家の中に運んでいるのと同じ事です。網戸の効果が半減してしまいます。
さらに、サッシを開け閉めするときに先ほどの隙間が出 来るので虫は進入してしまいます。

それでは、網戸を右にして右のサッシを開けてみて下さい。
これならば、サッシと網戸の隙間はありませんし、開閉するサッシは内側のサッシなので、直接外には触れません。
ガラスに虫が付くことが無いので虫は入って来ません。
さらに半開・全開をしても、サッシと網戸は接している部分は動かないので隙間は出来ないのです。

以上が、窓の正しい開け方です。
皆さんはもうご存じでした?


家の中の「蚊」対策

「蚊帳」の良さが見直されています。水たまりなど発生源にも注意を

蚊は10日ほどで成虫になり、メスが吸血をすることで抗体ができ、痒くなります。
ほんの少しの水たまりでも発生源になります。
湿気の多い場所や薄暗い場所を好むので、茂みや枯れ枝なども整理して、風通りを良くしておくといいです。

家の周囲を見渡して、例えば玩具プラスチック製のバケツなどに雨水が少しでも溜まっていればボウフラの湧く可能性があります。
そんなかんじで家の周囲を見渡してみて、根源から断つことをしてみて下さい。

また、蚊は5ミリぐらいの大きさなので、網戸の破れや歪みなどわずかな隙間からでも家の中に侵入してきます。
ドアの出入り時も開け放したりしないように注意して下さい。

蚊を家に入れないために、玄関や窓辺、ベランダなどに蚊取り線香などの殺虫剤を置くのも一つの方法です。
玄関ドアを開放しておくだけで、風の通りが格段に増す場合があるので玄関網戸をお勧めします。

もし入られてしまったら、やはり殺虫スプレーなどで退治するのが一番です。

また、刺される時間帯は夕方から夜が多くなるとの研究結果もあるので、肌の露出部分を少なくし、虫除け剤を塗るのも方法です。
天然アロマでできている虫除けスプレーもあります。

最近は自然素材の除虫菊からできている蚊取り線香も見直されてきています。
「蚊帳」も再認識され、中に布団2枚敷ける程のサイズで、軽くて組み立ても簡単で保管も手軽にできる製品が販売されています。

まずは、蚊を室内に入れないためにも網戸や網戸の網へのメンテナンスを


網戸掃除はメラミンスポンジで!

今年は、…猛暑!!!

しかし、いかに連日暑いとはいえ、事務所ではなし年がら年中エアコンをブン回しておくというわけにも行かないのがお家の事情です。
さらにエアコン漬けでは健康面の悪影響も気になります。
かくなれば「自然換気するしかない!」

このときお家の窓に取付けられている【網戸】が、もう大活躍します!

が! この【網戸】。風を通せば通すほど、使えば使うほど「汚れまくる」のが弱点。
その汚れの状態を解説すると、このような感じです。


真ん中の緑の線が網戸。家の内側を吹いてきた風には綿ぼこりや台所から出る油などが含まれているため内側にはべったりしたホコリ汚れがたまりやすく、家の外側から吹き込んでくる風には水分や土ぼこり、煤煙などの汚れが含まれているため真っ黒い微細な汚れがたまりやすい。

この汚れを溜め込む【網戸】掃除…。
各メーカーからさまざまなグッズや知恵が世の中に流布されていつつ、しかしどれもコレ! といったパンチや感動がなく、半ば「決定的な【網戸】掃除テクは世の中に存在しないのだ…」と諦めかけていました。

…今年の夏までは!

しかし、偶然にも発見してしまったのです。「コレだーーーーッ!」
その決定打的チョー史上最強ミラクル完璧グッズとは……『メラミンスポンジ』

皆さんも一度は目にしたことがあるはず。「ドイツ生まれの新素材」「メラミン樹脂製」「ハイテク」「髪の毛の1万分の1の繊維」「洗剤いらず」「茶渋もすっきり!」「メラミンフォーム」「激落○くん」「ピカ○」等など…

数年前に巷に登場、今では雑貨屋さんや100円ショップなどにも、気軽に売られています。

【メラミンスポンジとは】
メラミン樹脂製スポンジ。メラミン樹脂とはメラミンとホルムアルデヒドによる硬質樹脂。耐水性、耐熱性に優れ家具や住宅建材、食器などにも使われる。

見た目は白くて、少し固めのスポンジ。なぜか使っているうちに削れて無くなってしまうというのが普通のスポンジと異なる特徴です。
食器磨きやステンレス磨きなどに、既に愛用している人も多いのではないでしょうか?

でも、でも! コレが【網戸】掃除の救世主なのですよ~!
とにかく、ためして見てその威力を実感してみてください。

とにかく一目瞭然のスゴさ!

【網戸】1枚分ほんの数十秒で清掃可能なのです!

●使い方説明●
1.できるだけ「大きめ」にちぎったメラミンスポンジを水に浸け、かたく絞ります。洗浄用の水を入れたバケツを用意しましょう。

2.窓【網戸】の内側(家の中側)から掃除開始。スポンジを【網戸】に「軽く(あくまで軽く!!! が鉄則!!! 【網戸】は伸びやすいので注意が必要です!!!)」当て一気に「軽くこすり下げ」ます。

3.上から下、右から左など窓の形状に応じて順番は任意に。スポンジが真っ黒になるので、常に綺麗な面で掃除するようにしましょう。またある程度汚れてしまったら随時バケツの水でもみ洗いするようにします。

4.【網戸】の片面が終わったら屋外へ出て外側(家の外側)も同様に掃除します。スポンジに水を含ませすぎてしまった場合は、軽く塗らしたタオルや雑巾などで余計な水分を拭いながら行うと良いでしょう。

5.掃除を終えてみるとだいぶん小さくなったメラミンスポンジに気づきます。窓のさんの下などに残骸が落ちている場合が多いので、忘れず雑巾で拭うか、掃除機で吸い取るなどして始末をしておきましょう。

時しもお盆など、人寄せごとの多い時期直前! 来客の目に汚い【網戸】…見せたくないものですよね。でも【網戸】掃除はおおかた大仕事になりがちだったと思います。

でもメラミンスポンジを使ったこの方法なら、夕食後の30分でもゆうゆうおおきな掃き出し窓4枚分ぐらい掃除できてしまう! 画期的な簡単さです。是非、お試しください!!!

ただ、一点『エコ』の視点からはこの方法、イマイチかもしれません。メラミンスポンジという素材は決して自然にやさしくはありませんので…

でもスポンジ以外には水だけしか使いませんので手荒れの心配もなく、また汚い【網戸】にストレスを溜めてイライラしてしまうくらいなら、先ずはその汚さを一掃してしまってから本格的『エコ』にトライするのも一手ではないかと思うのですがいかがでしょうか?


網戸の張替え

穴があいていると蚊や虫が入ってきていやですよね。
専門店に依頼して修理もいいですが、わりと簡単に自宅で張替えができます。
このページをご覧頂いて、できそう!と感じたら挑戦してみてください。

用意しましょう!
道具:網戸用ローラー/ カッター
材料:網/ ゴムビート
※ゴムビートにはサイズがあります。家の網戸についているゴムビートを少し切って持っていくとよいでしょう。
※ゴムビートは古くなると弾力性がなくなります。張替えの際は必ず交換しましょう。

張り替えましょう!
1.網戸の網を押さえてあるゴムビートをはずします。
ゴムビートの端を探し、キリなどでこじ起こし、引き上げながらはずします。
はずしたら古い網戸をはずします。

2.ゴムビートのはまっていた溝にゴミやホコリがたまっているので、歯ブラシなどで掃除しましょう。
(ゴミが入っているとゴムビートがきっちとはまらない場合があります。)

3.次ぎに網です。
まず切らずにそのまま長い縦桟に合わせます。
網の縦の部分は枠より10cmぐらい長く切っておきます。
巻きぐせがついているほうを下にし て、網戸に網をのせます。
巻いてしまうときは何か重りをのせて下さい。
ゴムビートを切ります。
長辺と短辺を加えた長さのものを2本作ります。
1つの長辺を 固定したら、もう一つの長辺(対辺)を固定するという手順です。

4.長辺をはめ込みます。
網の耳を枠より2~3cm出し、曲がらないように網を置きます。
ゴムビートのはめ込みはじめは、網戸用ローラーのヘラの部分で押し込 みます。
網戸を左手で軽く押さえ、ローラーを転がしながらはめ込んでいきます。
(押さえる力がムラになると曲がったり波打ちます。曲がったらはずしてやり 直しましょう。)

5.もう片方の長辺をはめます。
引きかげんを左手で調整しながらはめ込みます。
網がピンと張ってしまうと張り過ぎです。
(最初にはめた対辺のゴムビートの網のふくらみが少しあるぐらいに張ります。)

6.両長辺をはめたら短辺をはめます。
角はローラーのヘラで押し込んでください。

7.はめ込み終わったら、ゴムビートの余分をハサミで切って溝に収めます。
余分な網は、カッターをゴムビートの際に枠に向けて当て、切ります。

最初は失敗してイライラするかもしれませんが、すぐに慣れるので頑張って下さい。


網戸の夏のおススメ

蒸し蒸しして暑い日本の夏に、エアコンを使わずに網戸で過ごす涼しい夏の暮らしをおススメします。
脱エアコン! 快適・網戸で涼しい夏生活!
今年の夏はぜひ、網戸から入る自然の風を味わってください。

エアコンがなかったその昔、日本の人々はいろんな工夫をして暑い夏を快適に過ごしていました。
太陽の強い日差しを和らげる簾(すだれ)を窓から垂らし、庭や道などは打ち水で涼気をとり、縁側で夕涼みをしながら風鈴の奏でる音に耳を傾けていました。
現在では縁側のある家は少なくなりましたが、網戸越しに入る自然の風と共に風流な日本の夏のスタイルを真似て、五感で味わう粋な夏を始めませんか?

窓を開けると自然の風と共に虫も入る・・。
自然の風を感じるための風流な日本の夏に、網戸は欠かせない存在なのです。
といっても網戸の歴史はあまり古くないようで、網戸は現代社会の道具です。
網戸は、快適に慣れた現代人が昔の知恵を生かして上手に暮らすためのお助けアイテムかもしれません。


一般網戸の掃除の仕方

網戸掃除は日頃からこまめに行っていただくのがポイントです。
ホコリをハタキで軽く払うか、掃除機で吸い取ってください。
掃除機は室外側にボール紙などを当て、室内側から吸い取るようにしてください。
次に軽く絞った雑巾で拭きとってください。
この時、両側から挟むようにするとよりキレイになります。

汚れがヒドイ場合、
中性洗剤をぬるま湯で溶かし、スポンジにつけ軽くこすりながら拭いてください。
次に全体を水で洗い、乾かします。


東京都八王子市 A様邸 網戸

三協立山アルミ(マディオ)シャンパングレイ1棟分14本の網戸を取付けました。

14本の内11本が引き違い用です。

洗面所と階段の2ヵ所に横滑り出し窓用の網戸を取付けました。

横滑り出し窓用の網戸は上げ下げ窓のように上下に動かすタイプの網戸です。

1Fトイレ1ヶ所だけ縦滑り出し窓用の網戸を取付けました。

縦滑り出し窓用の網戸は横に開くマグネットタイプの網戸です。

やっぱりメーカー純正の網戸はスッキリして収まりもいいですね。