puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies

ハードプロテクトとワックスの違い?

ワックスとの違いを教えて?

ワックスメンテナンスのメリットは簡易で安価なところです。
しかし、生活上いろいろなデメリットもあります。
ワックスが住宅フローリングのメンテナンスにあまり適さないのは次のような点です。

(1) 安全性の問題

ワックスは簡易保護膜のため、水に弱い上に摩耗しやすく剥がれやすいので、細かなチリとなって部屋の空気を汚してしまいます。
これがシックハウスの原因になることも。
また、塗り重ねてゆくとホコリを巻き込んで黒ずんでゆき、結果的に部屋を汚すことになりかねません。

(2) 床の耐久性の問題

ワックスの80%は水です。
つまり、ワックスを塗り重ねることは、水を撒くのと同じことなのです。
ワックスを重ねれば重ねるほど床は水分を吸収し、どんどん床は傷んでゆきます。

(3) トータル的なコストの問題

ワックス掛けは、1回あたりの単価は安く済むものの、長期間で考えるとかなりのコスト負担になります。
10年間のトータルコストとして考えると、かなりの金額になるはずです。

※実はほとんどのコーティングがワックスやワックスと同等のものが多く、保証書に品質を明記されていないものがほとんどです。
ハードプロテクトのフロアコーティングはフローリングの「言わば永久メンテナンスです」


コーティングのお話

コーティングについて詳しくお話しします。
フローリングは元々木質の床材に塗装を施されたものですつまり塗装床です。
それなりの耐久性とメンテナンス性は備えています。
その上にコーティングをする必要は本当にあるのでしょうか?

コーティングをするにはいくつかの目的(必要性)があります。
考えられるのは・・・
1,<美的必要性>
・見た目をキレイにする
・キレイに保つ
2,<機能的必要性>
・傷つきにくくする
・丈夫にする—-痛まない床にする
・歩きやすい床にする
・メンテナンスしやすい床にする  etc

など、考えられる目的はいくつかあります。

では、フロアコーティングを施すことで以上の目的は達成されるのでしょうか?
特に2の<機能的必要性>に関して、現在数多くの業者さんが販売しているフロアコーティングによって本当にそのような効果が本当に得られるのでしょうか?
それを確認するには「フローリング」をよく理解しなければなりません。

典型的なフローリングの構造をお話しします。

上の図のようにフローリングは
①基材
②化粧単板(表面に使う)
③塗装
で構成されています。
基材は複層のものやMDF(中密度圧縮合板)などメーカーや品番によって様々で、化粧単板も0、1~2ミリ程度の付き板から今はオレフィンシートなどの樹脂シートなどもあります。
基材①や化粧単板②は様々ですが硬さ以外は上記の目的(機能的必要性)に対して直接の影響は少なくなっています。
やはり生活上最も気を遣う部分は表面の塗装部分でしょう。

そこで、一般的なフローリングの塗装について考えます。

現在フローリングの表面塗装はほとんどがUV塗装と言われる塗装が施されています。
UV塗装は紫外線照射により塗料を強制的に硬化させる方法で、数秒で硬化させ仕上げることができます。
つまりラインでの製造には最も適した方法です。

それではUV塗装のメリットとデメリットについて考えます。

上記したようにUV塗装はライン製造ができるので製造コストが非常に安くすみます。
UV塗料は一般的にはアクリル樹脂ですので材料的にもウレタン塗料など に比べて安価です。
つまり生産者側から見ると非常に優れた塗装で又、ラインで大量生産するにはこの方法しかあり得ないと言っても良いでしょう。

大きく分けて2つあります。
まず、ラインで仕上げるため厚い膜ができないこと、もう一つは塗膜が硬もろいことです。
ラインでの塗装の場合3~4回繰り返し 塗装しますがせいぜい2~3ミクロン程度の膜圧しかできません(ちなみにハードプロテクトの10分の1以下)そして塗膜としてはアクリル樹脂の性格上どう しても硬く、またもろくなります。

以上 UV塗装のデメリットを上げましたが実はこのデメリット(薄く、しかも硬もろい)をカバーするのがフロアコーティングの機能的必要性なのです。

薄く、硬もろい塗装だと床はどうなるか?

フローリングは木質のため温度や湿度の変化で膨張・収縮を繰り返します。
硬もろく薄い塗膜は木の収縮についてゆけずクラックができます。
このクラックから 湿気や水分が進入して床をどんどん傷めて行きます。
特に水拭きのメンテナンスを続けると瞬く間にフローリングはダメになってしまいます。
つまり、フロア コーティングの機能的な意味での必要性はこのUV塗装で仕上がった床の欠点を補うためのものでなければなりません。

現在数多くのコーティング業者さんが扱っているフロアコーティングを紹介しましょう。
フロアコーティングには大きく分けて次のようなものがあります。
1,ワックス系のフロアコーティング8割のコーティング業者さんがこれです。
工事方法の特徴は既存のワックスを剥がさないで上塗りします。
ワックスの重ね塗りです。
業者さんによって多少の性能の違いはあるようですが、上記2の<機能的必要性>に関してはそれほど期待できません。
2,樹脂塗装のフロアコーティング
ハードプロテクトを含め数社が行っています。
これは塗装加工なので正に機能的必要性を満たすものです。
塗装コーティングも工法、塗料により何種類かあります。
①ハードプロテクトのように水性のポリウレタン樹脂塗装(水性塗装はハードプロテクトのみ)
②油性のポリウレタン塗装(有機溶剤使用)
③UV塗装(有機溶剤使用したアクリル樹脂主流)

などがあります。
これらは塗装なので当然ワックスを除去して、下地を完全に無垢な状態に戻して塗装する工事です。

3,溶剤系シリコンコーティング

これはシリカを主成分としたコーティングです。
シラン有機化合物やシロキサン樹脂溶液でコーティング被膜を形成します。
特徴 は表面は硬く耐薬品性などに優れますが、耐摩耗性に関しては②の塗装コーティングと比べてかなり低いのが一般的です。
硬く、収縮に対する追随性が少ないの で機能的必要性を満たすとは言い難いのが一般的です。
また、有機溶剤を使用したコーティング剤なので安全性の確認は必要です。

以上がフローリングとフロアコーティングについての一般的な説明です。

フロアコーティングの価値=必要性を考えた場合、美的価値はどんなコーティングでもある程度は得られることができます。
もう一歩進んで生活上の機能的価値を求めた場合 そのコーティングの仕様を十分理解し、性能、安全性、価格など色々な面から検討する必要があると思います。


ガードフィルム 窓用多機能フィルム

・ハードプロテクトのガラスフイルムで、安全で快適な生活。

紫外線を99.5%以上を実現した抜群の安全性!
可視光線透過率98.2%は明るさの証明!
特殊製法(特許)の粘着剤により、耐候性約10年という長寿命を実現!

・安心の品質保証。

自信があるからこそ
安心の品質5年保証付きです。

・ハードプロテクト「ガードフイルム」5つの効果。

フロアーコーティング・ハードプロテクト
フロアーコーティング・ハードプロテクト
フロアーコーティング・ハードプロテクト
フロアーコーティング・ハードプロテクト
フロアーコーティング・ハードプロテクト


室内クロスコーティング

消臭効果で、部屋中いつも爽やか!

ハードプロテクト「クロスコーティング」を施すと、そんな嫌な汚れやニオイをシャットアウトします。

効果:スキルチタンによる防カビ・消臭コーティングです。
防汚・抗菌効果に加え、新築時のホルムアルデヒド等のVOC分解効果も抜群です。

使用剤:
※スキルチタン

スキルチタンとは

新開発の「スキルチタン」は抜群の消臭・抗菌効果を発揮し、室内をいつもスッキリ
保ち、シックハウスの原因となるVOCも分解・減少させ、安全な空気を提供します。


和室白木コーティング

白木の持つ美しい風合いを保ちます。

ハードプロテクトの「和室白木コーティング」を施すと、白木の持つ清涼感を失うことなく美しい風合いを保ちます。

効果:本来の風合いを損ねることなく、白木をシミや汚れから保護します。
また、日焼けからも守られるため、いつまでも美しさを保ちます。
使用剤:水性シリコンコーティング剤

仕様

部位 コーティング剤
建具、天井を除く木部全て 水性シリコンコーティング

これが、和室白木コーティングの実力です。

白木の表面に色のついた液体をたらしてみました。

1、コーティングしていない白木(左)とコーティングされた白木(右)とを比べると、コーティングしたものは液をはじいています。

2、布で汚れを吸いとっても、左は汚れが浸透してしまっているのに比べ、右はキレイに拭き取れています。


キッチンコーティング

毎日使う場所だから、美しく保っていたいキッチン。
ハードプロテクトの「キッチンコーティング」を施すと頑固にこびりつく油汚れも、 簡単なお手入れで美しくよみがえります。

効果:タイル目地などの汚れの侵入を防ぎ、クロスなどの防汚・消臭効果は抜群!
しつこい汚れが付きにくいので、強い化学洗剤も少量で済みます。
油汚れや匂いにも効果的。
使用剤:防カビシリコン、※スキルチタン

■仕様

部位 コーティング剤
タイル等の目地部、戸棚内ゴム部 防カビシリコンコーティング
その他 スキルチタンコーティング

スキルチタンとは?
新開発の「スキルチタン」は抜群の消臭・抗菌効果を発揮し、室内をいつもスッキリ保ち、シックハウスの原因となるVOCも分解・減少させ、安全な空気を提供します。


浴室防カビコーティング

カビや汚れから浴室を守る「ハードプロテクト」。
さわやかで快適なバスタイムを演出します。
1.バスタブがキレイなだけで気持ちよく、毎日の入浴が楽しくなります。
2.目地や排水溝がきれいだとお風呂全体が清潔で明るくなります。
3.ドアがきれいだといつまでも新しさを保ち、満足感があふれます。

効果:防カビや汚れが最も気になるドア、浴槽蓄、排水溝等の防カビ・防汚処理には特に念入りに、更に浴室全体には防汚処理します。
使用剤:防カビシリコン

安心の品質保証。
自信があるからこそ安心の防カビ1年間保証付きです。

浴室コーティングで、カビの無いお風呂へ


フローリングの伸縮

木床の伸縮について

ご存じのようにフローリングは木製の床で す。
木は吸湿力が高いので湿気や水分によって乾燥・湿潤します。
当然伸縮を起こすと言うことです。夏場は湿気が多いので膨張し、これからに季節は当然湿度 も下がり収縮してきます。
特に無垢材のフローリングの場合はこの傾向は顕著に表れます。
無垢板で仕上げたフロアーは冬場などは5㎜以上も目地の隙間ができ るものもあります。
これをできるだ防止するために無垢材フローリングは良く乾燥させて、含水率(木の中に含まれる水分)を低下させる必要があります。
乾燥 不十分のものは膨張収縮について行けずひび割れを起こすこともあります。
前回も書きましたがこの乾燥や湿潤によるフローリングの膨張収縮によるひ び割れ(クラック)を守るのがハードプロテクトのフロアコーティングです。
合板やMDF基材で比較的膨張収縮の少ないものでもやはりクラックは起きます。
特に、今のUV塗装は薄く、自硬い塗装なのでその傾向は顕著です。
これをカバーするにはやはり厚みがありしかも柔軟性のあるフロアコーティングが必要にな ります。
木質フローリングは自然で快適ですがお手入れも大変ですね。

フローリングの中でも特に伸縮の大きなものは無垢板です。
合板やMDFを基材で使用したフローリングに比べ無垢材くち当然ですがは遙かに伸縮率が高くなります。
無垢フローリングの場合はその伸縮率を抑えるために含水率を低くすることが求められます。
天然木の場合の含水率は55%程度です。
それを切り出して加工に出す頃には30%程度の含水率になります。
それを工業的に処理して12~15%程度にしてフローリングとして使用します。
また、床暖房用に使用するにはもっと含水率を抑えて6%程度にしなければなりません。
その程度まで落とさないと温度変化による膨張収縮に対応することはできないのです。
含水率の高いもの(よく乾燥させていないも)は施工後 湿度変化や温度変化によりかなり収縮します。
よく、「無垢材は割れる」と言われるのはその所為です。
乾燥が甘いものは冬になると目地部分にかなりの隙間ができ、逆に夏場になると膨張して突きつけ部分が圧され逃げ場を無くして端の部分が裂けたりする場合もあります。
最近は輸入材がなどが大量に入ってきて中にはキチンと乾燥されていないものや製造上木材の表と裏(年輪の向き)を逆に使用し、トラブルを起こしやすい材料 などもあります。
又、フローリングり貼り方も膨張収縮の遊びを考えずに釘打ちしてトラブルを起こす業者さん(床貼り専門でない大工さんなど)います。
中に は「フローリングの割れはフロアコーティングに所為だ」と言い張る業者さんもいます。
ハードプロテクトのフロアコーティングは無垢材(学校や公共施設に使われている)に何十年も使用されているウレタン塗装です。
色々な言いがかりをされますが困ったものです。


フロアコートと価格

現在一般的に販売されているものの多くはワックス系のコーティングが主流です。
特にマンションなどのオプション会で販売されている業者さんはワックス系のものが殆どです。
皆さんは「ワックスなのに何故高いの?」と思われるでしょう。
これはオプション商品としてのフロアコーティングの発祥に由来します。

フロアコーティングはまさに、マンションのオプション商品として登場したのが始まりなのです。
マンションのオプション商品には新入居の場合の例えば、エアコン、カーテン、照明器具などがあります。
そして、マンションの販売には必ず指定のオプション業者さんがいます。
オプション業者さんは各業者さんを取り仕切り「オプション販売会」を開きます。
オプション販売会は最近ではそれほど多くの売上げが見込めなくなりましたが、一昔前はかなり大きな売上げが確保できる非常に効率の良い商売でした。
オプション商品の中で、エアコンや照明器具などは量販店が幅を効かすようになり、中々利益を上げる商品となり得なくなりました。

そんな時に新たな利益商品として登場したのがフロアコーティングです。
フロアコーティングは何所でも販売している一般商品ではなく、価格の判断しにくい特殊工事です。
又、オプション商品だと業者間の調整、管理など特に手がかかります。
それで比較的高い価格で設定されました。
もしフロアコーティングがオプション商品としてではなく、建築工事の一つであったり、清掃メンテナンスのサービスとしての成り立ちであったならもっと安い価格が設定された事でしょう。

フロアコーティングが高額なもう一つの理由はお客様や取り次ぎ業者さんの理解度の問題です。
コーティング業者は自社のコーティングはあたかも特別なものように、様々な宣伝文句を言います。
しかし実際には宇宙から持ってきたような特別なものはなく、昔からある当たり前のものがほとんどです。
以前にも書きましたが、今一般的に売られているフロアコーティングはワックスが殆どです。
つまり当たり前のワックスを高額なコーティングとして販売しているのが現状です。

ここで、フロアコーティングの種類をおさらいしてみましょう・・・先ず。

一番多いのがワックスです。
ワックスの見分け方ですが、実は各社ワックスと表示しています。
少し前までは「特殊コーティング」などと言った表現もありましたが今は業者さんも少しは正しく?表記するようになり「特殊ワックス」とか「ポリッシュ」と言った正しい?表現をしています。
(でもワックスで10年保証とか付けているのには笑ってしましますが”笑”)
ワックスは基本的にはメンテナンス剤なので耐久性は全くありません。
ワックスに高額な価格を付けるのはどうかと思います。
次に塗装加工(メンテナンス剤ではなく仕上げ剤)の商品です。
これには当社のハードプロテクトやUVコーティング、油性ウレタンコーティングが含まれます。
これは恒久(永久)塗膜なので一度コーティングすれば半永久的です。
その他では油性のシリコンコーティングなどがあります。
これもメンテナンス剤なので耐久性はありません。

以上を考えてみると工程も工事コストも品質も全く違います。
「かたやメンテナンス用」「かたや永久仕上げ用」なのに取次業者もお客さんも「どうせ同じようなものだろう」と言う考え方を持ってしまいます。
そしてむしろ怖いのは価格が高い方が質が良いだろうと考えてしますことです。
つまり一人で下地処理もしないで一日に一人で何軒も仕上げてしまうワックスコーティングでも価格を高く設定してあたかも特殊な商品ように売られているのが現状です。
お客様がその辺を良く理解して商品の価値を選べればフロアコーティングももっと適正な価格で販売されるでしょう。


床が生まれ変わる、最高級のフロアーコーティング

H・F・R(ハードプロテクト・フロア・リメイク)システムは経年劣化したフローリングを新品に蘇らせさらにクラック(ひび割れ)を防止、柔軟性をもちノンスリップ効果のある快適な床に変身させます。

H・F・Rのダブルステップ工法
劣化した床の上に新しい表面材を張り込みます。
新品に張替えた床に仕上がります。

張り込んだ表面材にハードプロテクトコーティング。
劣化を防止するだけでなくノンスリップ効果で快適な床に変身します。

新しい表面材を張り込み、その上からハードプロテクト加工。